人気ブログランキング |
自然と歴史
kwsan.exblog.jp
<   2009年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧
ルリシジミ
国内のどこにでも居るチョウであるが、我が家には余り訪れてくれない蝶である。
飛翔しているとヤマトシジミと間違うほどよく似ているが、静止すれば直ぐ判る。
ルリシジミの♂
e0085845_1821292.jpg

e0085845_1821121.jpg

by kwsan | 2009-05-31 18:23 | | Comments(2)
クロヒカゲ
今日は晴れ時々雲り、湿度は高いが風があるので過ごしやすい、9時過ぎハッチク
の竹の子を採りに出かけた。
その途中で突然飛び出したので追いかけ、止まるのを待って撮影。
撮る角度を変えようと動き出したら逃げられ、高い木の梢の中に見えなくなった、
この二枚だけである。
e0085845_1736524.jpg
e0085845_17361826.jpg

チョウを追いかけていたら見られない、花を見つけた、名前は知らない。
手を広げたような形をしている。
e0085845_17391582.jpg


e0085845_1740247.jpg

トンボ草もまもなく咲くでしょう
e0085845_1754514.jpg

by kwsan | 2009-05-29 17:55 | | Comments(2)
コジャノメ
5月中頃には目撃するが今年はちょっと遅れている。いつ見ても地味な色合いの蝶である。
近づくと開いている翔を閉じてしまうので我慢して開くのを待って撮影、この蝶が活発に動く
のは薄暗い場所が多い、そこには蚊が多く存在してじっとしていると蚊に刺される、これが
悩みの種。
e0085845_748811.jpg
e0085845_7482160.jpg
e0085845_7483181.jpg

e0085845_7494539.jpg

ヒメジャノメを撮影中に何か大きな蝶が飛んでくるの目撃、だいぶ痛んでいるが見分け
はつく。この蝶は翔を開いて止まってくれない、必ずこの状態である。
 クロコノマチョウ
e0085845_7505630.jpg

by kwsan | 2009-05-27 08:04 | | Comments(0)
マツバウンラン
2007年頃から自宅の庭に、見たことのない紫色の花が5月頃から咲き始める、
図鑑で色々と調べてみましたが判らなかった、そんな折ブログにUPしたところ
"pieris"(2008.5.30)さんからコメントいただき判明しました。
pierisさんその節はありがとう御座いました。

背が高く全体が入らない
e0085845_15113531.jpg

花の部分の拡大
e0085845_15115568.jpg

葉は松葉のように細長い 葉と茎の付け根から枝分かれして花が咲きます。
e0085845_1519110.jpg

種は1mm×0.5mmの大きさ、この時期すでに出来ています。
余り小さいので上手く撮れませんでした。
e0085845_15123619.jpg

根本の部分
e0085845_1513113.jpg

根っこの部分(上の写真と同じものではありません)は深くありません。
e0085845_15131494.jpg


その後ネットで調査したところ、この植物の原産地は北アメリカで帰化植物であることが
判明、1940年代に帰化し、1980年代頃から各地で見かける様になった。
1年~2年草で荒れ地、やせた土地で20cm~50cmに生育しかわいらしい薄紫色
の花をつける、本州、四国、九州の各地で4月~6月頃に咲きだすが特に海岸に多く
見かける。
この植物の葉の形が松葉のように細長く尖っていること、花がウンランに似ていること
からこの名前がついたと云われている。
又この植物によく似たのに"オオマツバウンラン"があります。
この花の大きさはマツバウンランより大きいのが特徴です。
by kwsan | 2009-05-25 15:56 | 植物 | Comments(0)
ゴマダラチョウ
たまに風に乗って我が家にやってくる。

この方向からの撮影には変わったところがない。
e0085845_19545248.jpg

この方向からの撮影となると上の写真と様子が違う。
e0085845_19554315.jpg

羽を広げたところ左の羽がもぎ取られている、どこでもぎ取られたのか知らないが
この蝶もそんなに長くは生きられないだろう。
e0085845_19561145.jpg

結局飛ぶことが出来ないので食事が出来ず翌日にはしんでいた。
by kwsan | 2009-05-23 20:02 | | Comments(2)
コジャノメ
今年のジャノメ科の蝶は本当に見かけない、いつもの年ならもうすでに幾種類かのジャノメ科の蝶を目撃している。
この蝶は光の当たり具合で綺麗に見えるのですが今日は曇りでその綺麗な色が見えない。

風におおられ必死にこらえている。
e0085845_1830519.jpg

風がなくなると徐々に羽を伸ばす
e0085845_18322094.jpg

by kwsan | 2009-05-21 18:33 | | Comments(0)
エゴノキ
数年前に友人からもらった木、一昨年は数個の花をつけたが実は出来ず、昨年は10数個の花が咲いて実が数個出来た。今年は枝一杯の花を咲かせたので実も沢山つけるだろう。
白くて綺麗な花で全て下向きに咲いている。
e0085845_2141930.jpg
e0085845_214122100.jpg
e0085845_21414049.jpg


エゴノキ科、エゴノキ属 エゴノキ  落葉 高木
果皮をくわえるとえぐい味がする所から名前がついたと言われ、果皮には有毒の
エゴサポニンが含まれてている。
花は5月~6月に咲き果期は8月~9月、木は庭木、玩具、傘の柄、杖、床柱などに
利用され、果実は薬用、洗剤、などに利用される。
その他果実には麻酔作用があるので魚の捕獲に用いられた。
日本の各地の雑木林などで見かけ、日陰や暗い場所ではでは花は咲かない。実は
ヤマガラ等の小鳥の餌となる。
by kwsan | 2009-05-19 22:07 | 植物 | Comments(2)
コチャバネセセリ
我が家に訪れてくれるのは5月初め、今年の目撃は昨年より少し遅い。
この蝶に拘わらず全体に我が家で見かける蝶の種類が少ない。
とくにヒカゲチョウは未だ一度も見かけない。
e0085845_16481179.jpg

by kwsan | 2009-05-17 16:58 | | Comments(0)
シオヤトンボ
飛んでいる姿はシオカラトンボとよく似ているので間違いやすい。静止すれば間違う事
はない。
e0085845_16582124.jpg
e0085845_170092.jpg
e0085845_1703993.jpg

by kwsan | 2009-05-15 17:05 | トンボ | Comments(0)
4国霊場88ヶ寺巡り
12日/13日の2日間四国の13ヶ寺(66番~78番)をお参りしてきた、
ナンバ8時半出発 山陽道 中国道を経て瀬戸大橋から高松道に入り
76番 金倉寺から始まり 13日 78番 郷照寺を最後にナンバに向かう
なんばに着いたのが18時30分でした。

善通寺の5重の塔
e0085845_1643074.jpg

このような階段が延々と続く弥谷寺 登のも降りるのも大変
e0085845_17141756.jpg

雲辺寺 霧のため観音様が幻想的 ここまでケーブルで7分かかりました
e0085845_1643336.jpg

本山寺の5重の塔 二番目の屋根の下の手すりにカラスが止まっている
e0085845_16462088.jpg

観音寺と神恵院の敷地にある鐘楼 彫り物が素晴らしい
e0085845_16441689.jpg

郷照寺の天井 之も彫り物の一つなのかな
e0085845_16444414.jpg

by kwsan | 2009-05-14 17:19 | その他 | Comments(4)