自然と歴史
kwsan.exblog.jp

自然の中に歴史がある
Calendar
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
画像一覧
最新の記事
第5回 瓦の刻印 調査 
at 2018-05-30 09:29
瓦の刻印 第4回
at 2018-03-01 08:27
瓦の刻印 3
at 2018-02-18 21:37
瓦刻印 第2回
at 2017-12-16 20:17
瓦の刻印の調査
at 2017-10-22 11:47
生駒市高山町 廃寺大雄寺 供養
at 2017-08-28 20:41
かわぎり
at 2017-07-23 22:12
黒添池、安明寺池、城の茶屋方..
at 2017-06-15 21:39
カメラが動作しなくなった
at 2017-05-14 20:59
彼岸桜
at 2017-04-03 17:15
ツバメシジミ
梅雨の晴れ間で午後からは快晴、車で出かけアゲハ類をねらったが見つからずツバメシジミ
のみだった。
上が♀だと思うが翅を開いていないので確信がない。
e0085845_2137691.jpg
e0085845_21374287.jpg

[PR]
by kwsan | 2006-06-24 21:41 | | Comments(4)
Commented by 6422j-nozomu2 at 2006-06-24 22:13
地元密着で精力的に撮影されていますね。確かにツバメシジミ裏だけでは♂か♀か見分けにくいです。上が♀?私も自信がありませんです。
Commented by T-admiral at 2006-06-25 08:34 x
蝶は種類によって翅を閉じて止まるのが好きなタイプと、開いて止まるのが好きなタイプがあるようですが、個体によっても差があるような気がします。以前この蝶に出会ったとき、翅を開いてばかり止まられ、ツバメシジミ特有の赤班が撮れなくて残念な思いをした事があり、やはり生き物ですから人間の思い通りには行かないものですね。
Commented by k at 2006-06-25 22:06 x
6422j-nozomu2さん 今晩は あまり遠くまで行けませんので近くの
休耕田を撮影場所にしています。
その為珍しい蝶には巡り会う確率は少ないようです。
Commented by k at 2006-06-25 22:11 x
T-admiral さん 今晩は この蝶は翅を開いているのに遭遇するのは
中々ないが、運良く遭遇するととてもうれしいものです。