人気ブログランキング |
自然と歴史
kwsan.exblog.jp
Calendar
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
最新のコメント
画像一覧
最新の記事
瓦の刻印 第6回
at 2018-12-12 18:31
第5回 瓦の刻印 調査 
at 2018-05-30 09:29
瓦の刻印 第4回
at 2018-03-01 08:27
瓦の刻印 3
at 2018-02-18 21:37
瓦刻印 第2回
at 2017-12-16 20:17
瓦の刻印の調査
at 2017-10-22 11:47
生駒市高山町 廃寺大雄寺 供養
at 2017-08-28 20:41
かわぎり
at 2017-07-23 22:12
黒添池、安明寺池、城の茶屋方..
at 2017-06-15 21:39
カメラが動作しなくなった
at 2017-05-14 20:59
ウオーキング
3時頃からウオーキングに出かけるが、空模様が怪しい。
そのため写真は暗く見にくいが我慢して見てください。
坂道を上り始めたらぱらぱらと降り出す。
e0085845_202817.jpg

今日は左の方向にウオーキングを開始、
e0085845_2045127.jpg

しばらくは舗装されていたが途中で山道に入る、此の林は2~3分で抜ける
e0085845_2073985.jpg

林を抜けると大きな溜池に出る、昔灌漑用に作られた池である、今は観光用に利用
されている。
e0085845_20105148.jpg

池の堤防を進む 雨は強く降り出す、が前進
e0085845_20125528.jpg

池の周囲を進むと此の標識にであう 私市駅の方向に進む
e0085845_20152321.jpg

すると今度は此の標識、府民の森へ
e0085845_20182829.jpg

またもや山道を進む、、
e0085845_20194965.jpg

山道を数分歩くと住宅街にでて此の標識を確認して前進
e0085845_20243952.jpg

住宅街を進むと道路は行き止まりでロータリーに突き当たる
e0085845_20261055.jpg

ロータリーから写真左の道を斜めに10m程登る、此の標識にでる、展望台とは
反対の方向に進む
e0085845_2030193.jpg

此所は大阪府の府民の森で遊歩道をまっすぐ200m程進むと
e0085845_20324380.jpg

此の標識にであう、標識の後ろ側には ミズバショウが見ることができる
e0085845_20345420.jpg

咲き始めかな、葉の部分がしおれているみたい、もっと綺麗に咲いているはずなのに
e0085845_20371254.jpg
e0085845_20372669.jpg

此所まで30分程で着いた。当たりが暗くなり雨が強くなりそうなので池の所まで戻り
e0085845_20413516.jpg

左方向に進む、雨は霙まじりの冷たい雨、急いで歩いているので体は温かい、この
自動車道を進み向露寺の方向に歩く。
e0085845_2044792.jpg

この農道を通り二番目の標識に戻る 約60分のコースであった。
歩数にして8000歩である。天気が良ければ府民の森の中を散策するのだが
今日は天候不順のためあきらめた。
e0085845_20465778.jpg




林の中にはこんなに落ち葉が落ちた部分もある
e0085845_2172295.jpg

之は池から流れ出す水を左右同じ水量が流れる用に考えられた昔の知恵です
e0085845_218226.jpg

昔は底まで澄んだ水で満たされていたが今は見る影もない、池に流れ込む川の
川上に40年ほど前、住宅が建ち、その影響で土砂が流れ込みこんな姿になった。
e0085845_21131416.jpg

by kwsan | 2012-03-25 20:56 | その他 | Comments(2)
Commented by Nick726 at 2012-03-26 10:40
学園前にいたころ時々行ってましたが標識も出来て綺麗に整備されていますね。
くろんど池も懐かしいです。
Commented by kwsan at 2012-03-26 16:51 x
Nick726さんこんにちは、いつ頃此の標識ができたか、知りませんが、之があるためいろいろなところに行けるのはおもしろい。次も同じ所から始めたいと思います。ご期待あれ。
昭和30年頃までは水泳のためのプールはどこにもなかった。そのため
此の池が練習場だった、その頃は堤防の真ん中に1m程の道がありその両方は木や雑草が茂り歩いていても池は見えなかった。
他の部分もうっそうと茂った林で覆われていたものです。今はその面影のかけらも見えない。今は此で泳いでいる人は見かけることはない、空き缶、瓶のかけら、その他いろいろな物がほり込まれており、泳げる状態ではない。また危険な外国の動物(爬虫類)がいる可能性もあるのです。